医療脱毛を選ぶべき理由

脱毛サロンと医療脱毛のどちらで脱毛しようか悩んでいる方も多いですよね。

なかには、「医療脱毛」を受けたい!…けれど「費用が高い」「痛みが強そう」などの理由から脱毛サロンを検討している方もいるのではないでしょうか。

施術時の痛みや脱毛効果、サービス内容や脱毛料金など、選ぶ際の決め手は人によって違います。でも、せっかく一大決心をして脱毛をするのであれば「医療脱毛」を選ぶべきです

ここでは「なぜ医療脱毛を選ぶべきなのか」その理由をまとめてみました

医療脱毛と比較して脱毛サロンを選ぶ理由がなくなった

脱毛サロンが良いとされていたのは

  1. 「クーリングオフがある」
  2. 「価格が安い」
  3. 「痛みが少ない」

の3つの理由によるものがほとんどでした。

確かに今までの医療脱毛は、

  1. 「クーリングオフの適用はなく」
  2. 「価格も高く」
  3. 「痛みも強い」

というのが当たり前でした。

しかし、この「3つの理由」今では医療脱毛にも当てはまるため脱毛サロンを選ぶ理由がなくなっているのです。

医療脱毛は麻酔を使えるので脱毛サロンより痛くないが事実

医療脱毛は脱毛器の威力が強いなどの理由から痛みが強いといわれていますが、痛い場合は「麻酔」を使えるので脱毛サロンに比べても痛みは少なくなっています。

脱毛は、毛根部にダメージを与えるという性質上必ず痛みを伴います

「痛くない」ことを売りにしている脱毛サロンでも、正直痛みはあります。特に脱毛で痛みが強いと言われる「VIO」は脱毛サロンでも痛みを伴います。当サイトで調査した脱毛サロンの「痛み」の口コミをみても…

【脱毛サロン「痛み」の口コミ】

「VIOは痛みが強く、脱毛器の出力を弱くしてもらった」

という声が多く寄せられています。

また、脱毛器の出力を弱めれば痛みも比例して少なくなりますが、その分脱毛効果も弱まります

結果として、脱毛の痛みは「麻酔」が使える医療脱毛のほうが痛くないというのが事実です

なかには、「麻酔」と聞くと、手術など大事のように感じ気が引けてしまう方もいますよね。医療脱毛で一般的に使用される麻酔は気軽に使えるタイプのものになるので安心して大丈夫です。

【医療脱毛で使用される麻酔】

医療脱毛で用意されている麻酔は次の3つがほとんどです。

【麻酔クリーム】

脱毛する部位にクリームを塗布するタイプの麻酔です。塗ってから30分ほどすると、肌表面の感覚が鈍くなり痛みを緩和させます。

【笑気麻酔】

特殊な機械で笑気ガスを鼻から吸入するタイプの麻酔です。吸入して数分経つと「ほわんっ」とお酒に酔ったような状態になり、リラックス効果が高まるため痛みを感じにくくさせます。

【麻酔テープ】

痛みを抑える薬剤がついたテープを脱毛部位に貼って使用するタイプの麻酔です。皮膚につく薬剤の量が少ないため効き目も弱めになっています。

麻酔を使用する際は、必ず医師や看護師が対応してくれるので安心して任せればOKです

医療脱毛が高いは過去の常識

医療脱毛も脱毛サロンも価格に大きな差はありません。

以前は、100万円かかることもあった全身脱毛ですが、脱毛サロンと同じ価格帯で設定されているクリニックも増えています

医療脱毛が安く行えるようになったのは次のような理由が考えられます。

医療脱毛が安くなった理由とは?

理由1:価格競争がおきたため

医療脱毛などのように「美容」を目的とした医療は「自由診療」と呼ばれ価格をクリニック側が自由決めることができます

脱毛が身近になった今、医療脱毛クリニックの数が増え、クリニックの間で価格競争が起き安く脱毛を行うことができるようになりました。

理由2:広告費など経費をかけないため

クリニックの経営方針により、広告費など経費をかけないことで安く脱毛を提供している医療クリニックが増えてきています。脱毛料金も安い上に、丁寧な施術やアフターケア、治療などが行われるため口コミや紹介などで人が集まるようになっています。

現在は脱毛サロンも医療脱毛も価格に大きな差はなくなっているのです。むしろ、広告にたくさんの費用をかけている脱毛サロンの方が高い場合もあるほどです

医師・看護師ではない素人がプロとして扱われる脱毛サロン

  • 【医療脱毛クリニックの施術スタッフ】
    医師や看護師といったすべて国家資格がある
  • 【脱毛サロンのスタッフ】
    国家資格はなく技術研修を少し受けただけでも施術できる

脱毛の施術は火傷などの「肌トラブル」の危険性を伴う行為です。そのため、医療脱毛クリニックの施術スタッフは必ず「医師」「看護師」といった国家資格が必要です。

しかし、脱毛サロンは国が決める資格制度が存在しないため「無資格・未経験」でも、ほんの少し技術研修を受ければ「プロ」として扱われます

脱毛サロンは公的な資格が存在しない

脱毛サロンの施術スタッフに「公的な資格」の取得義務はありません

脱毛サロンの資格は「エステティック協会」などの民間団体による認定資格のため、勉強量も研修量も国が定めた国家資格とは大きく異なります。

肌トラブルのリスクがある脱毛では、専門知識が少ないと不安が残りますよね。

脱毛は医療のプロである医師や看護師がいる「医療脱毛クリニック」が安心です。

2017年12月から医療脱毛もクーリングオフ対象

脱毛サロンだけに適用されていた「クーリングオフ」ですが2017年12月から医療脱毛にも適用されています。

契約をした後に無条件で解約できる「クーリングオフ」制度。以前は「脱毛サロンのみ」に適用されていたため、一度契約するとお金が戻ってこない「医療脱毛」は不安もありました。

2017年12月からは、医療脱毛でも下記の条件を満たせば「クーリングオフ」を行うことが出来ます。

クーリングオフの適用条件

クーリングオフを行うには以下の3つの条件を満たしている必要があります。

条件1:契約日から「8日以内」であること

⇒契約した日を1日めとし、「8日以内」に申請手続きを行うことが必要です

条件2:契約期間が「1ヶ月以上」であること

⇒契約期間が「1ヶ月以上」のコースがクーリングオフの対象になります。

条件3:契約金額が「5万円以上」であること

⇒契約金額が消費税を含め「5万円以上」であることも条件のひとつです。

クーリングオフを行うには3つの条件をすべて満たしていることが必須になります

脱毛サロンも医療脱毛クリニックも条件は同じであれば、脱毛サロンを選ぶ必要ななくなりますよね。

脱毛サロンは何年も通う必要性がある

  • 【医療脱毛】
    脱毛完了までの期間が短い(最短だと数ヶ月)
  • 【脱毛サロン】
    脱毛完了まで期間が長い(3年以上かかることもある)

医療脱毛と脱毛サロンの大きな違いのひとつが「脱毛完了までの期間」です

医療脱毛は脱毛完了までの回数や期間が少なく早い方だと数ヶ月で終わります。

一方、脱毛サロンは完了までにかなりの回数を要するため、回数や期限が無制限のコースで納得いくまで通えるコースが作られているのです

そもそも脱毛サロンは抑毛・制毛

  • 【医療脱毛】
    永久脱毛
  • 【脱毛サロン】
    抑毛・制毛

そもそも脱毛サロンは「永久脱毛」を行うことを法律で禁止されています。「永久脱毛」は医療機関のみが行える行為です。

毛が生えてこないようにする「毛根を破戒する行為」は医療行為になるため脱毛サロンで行うことはできないのです。

そのため、脱毛サロンの脱毛は「抑毛」「制毛」と呼ばれ、何度回数を重ねても永久脱毛を行うことはできないのです。

【抑毛・制毛とは】

抑毛・制毛とは、毛が生えるのを抑えることです

毛が生えてこなくなる永久脱毛と違い、毛の成長を抑えることで毛を細く、薄くすることで毛を目立たなくします。

それでも、脱毛サロンの口コミには「効果が合った」というものも多いですよね。実はその口コミは脱毛してすぐの話です。

永久脱毛ではない「抑毛」は脱毛後5年、10年が経った後、医学的な保証はないためどうなるのかわかりません長い目で見た時に、医学的に根拠のある医療脱毛のほうが良いのは決まっていますよね。

脱毛サロンで利用価値があるのは超格安キャンペーンのみ

永久脱毛が行えない脱毛サロンに数万、数十万支払って脱毛する理由はないですが、脱毛サロンで行われる「超格安キャンペーン」は利用する価値はあります

例えば、全国に店舗がある脱毛サロン「ミュゼ」はたった数百円の脱毛できる格安のキャンペーンが頻繁に行われています。

数百円で毛が薄く目立たなくなるのであれば「抑毛」であっても損はないですよね。その他にもお得なキャンペーンを格安で行っている脱毛サロンもあるので一度試してみても良いかもしれません。

ただし、脱毛サロンを利用する上では以下の危険性を知っておく必要があります。

「脱毛サロンは医療脱毛の2倍以上の危険性が…」

実は、脱毛サロンの脱毛施術後にやけどや痛みなどの肌トラブルが発生する危険性が、医療脱毛に比べて2倍以上多くなっています。

ここでは【脱毛サロンが医療脱毛よりも危険性が高い理由】についてまとめています。

脱毛のトラブル件数比較

脱毛を受けたことのある方の約4割は「やけど・痛み・ひりひり感」など、何らかの身体症状を経験したことがあると言われています。

国民生活センターが運営している「PIO-NET(パイオネット)」には、脱毛施術を受けた後に、痛みややけどなどの危害があったという相談が、2012年からの約5年間で964件寄せられいます。

参考情報:http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20170511_1.pdf

PIO-NET(パイオネット)とは】

国民生活センターと消費者生活センターをオンラインネットワークで結び、寄せられた相談や情報を蓄積し、調査・分析後ウェブサイト等で消費者に公開されるシステムです。「全国消費者生活情報ネットワークシステム」

相談件数と脱毛サロンと医療脱毛の内訳は次のようになっています。

【2012年~約5年間の相談件数】

  • 脱毛サロンと医療脱毛の合計:964件
  • 脱毛サロン:680件
  • 医療脱毛:284件

件数を比較しても脱毛サロンが2倍以上多いのが分かりますよね。

皮膚に負担を与えず、肌トラブルを起こしにくいとされている脱毛サロンですが、実際には脱毛サロンの脱毛でやけどや傷痕、色素沈着が残ってしまったという相談件数は医療脱毛よりも多くなっています

2012年以降の「肌トラブルの相談件数の推移」は次の通りです。

危害件数の推移

年度によって件数は異なりますが、脱毛サロンが毎年2倍以上多いのは変わらないという結果になっています。

脱毛サロンの危険性が高い理由

「でも、脱毛サロンの光脱毛は、出力が弱めの設定のため肌トラブルは少ないのでは…?」と疑問に感じる方もいますよね。

脱毛サロンの脱毛の危険性が高い理由は主に次の3つです。

理由1:適切な出力設定ができないため

医師が肌の色や肌質からレーザーの出力や照射時間を判断する医療脱毛に対し、医療従事者ではないスタッフが施術する脱毛サロンは、脱毛器の出力の調整などを医学的に判断することができません。

そのため効果を出すために出力を強くしすぎてしまうなど肌トラブルのリスクが高くなります。

理由2:公的な資格がないため

脱毛のトラブルの中には「シェービング時の傷」も相談件数が多くなっています。

公的な資格を持たなず、経験の少ないスタッフがが刃物を肌に当てるため、傷をつけてしまう危険が高いのです。

理由3:早期に適切な処置が行えないため

医師や看護師が常駐していない脱毛サロンは、肌の異常に気づくのが遅れがちです。その場ですぐに処置できる医療機関と違い、早期の治療が行えないため治療が長引いてしまう方も多いのです。

危害程度別件数

【1ヶ月以上の治療が必要な件数】

  • 脱毛サロン:86件
  • 医療脱毛:43件

治療に1ヶ月以上を要した方は脱毛サロンは医療脱毛の2倍です。

上記に挙げた点をみても、脱毛サロンは医療脱毛の2倍位上の危険が潜んでいるのです。せっくきれいになりたくて脱毛に行ったのに、色素沈着や傷痕が残ってしまうのはイヤですよね。

脱毛は、毛根に高熱を当ててダメージを与えるため、やけどを起こしやすい施術です。やけども含め、施術後の腫れや痛み、ひりひり感などが起きてしまった場合でも早急に処置してもらえる医療脱毛なら安心です。

もちろん医療脱毛を受ける場合も、施術のリスクの説明をしっかりと聞き、アフターケアなど対応のしっかりしたクリニックを選ぶようにしてくださいね。

医療脱毛でも医学的に根拠に欠ける情報には注意!

脱毛の人気が高まるにつれ、医療脱毛でも次々と新しい脱毛方法が出てきています。中には医学的な根拠に不安が残る脱毛方法もあるので注意が必要です。

とくに最近導入する医療クリニックが増えてきている「蓄熱式脱毛器」には要注意です

蓄熱式脱毛器「メディオスターNEXTプロ」に要注意

「痛みが少ない」ことでも話題の医療用脱毛器「メディオスターNEXTプロ」ですが、実はあまり効果がないともされています。

【脱毛器「メディオスターNEXTプロ」とは】

バルジ領域と呼ばれる毛の組織の中でも肌の表面に近い部分に、脱毛器の熱を蓄積させることでダメージを与え脱毛する方法とされています。

「バルジ領域」とは、毛に栄養を与える部分のため「バルジ領域を破壊し毛に栄養が行かなくなる=毛が育ちにくくなり脱毛される」という考え方です

「蓄熱式脱毛器」はなぜ医学的根拠に欠けるの?

実は、蓄熱式脱毛器は導入されてから数年しか経っていません。ということは、蓄熱式脱毛器の脱毛に関するデータが圧倒的に少ないということです。

そのため、まだ医学的にきちんとした根拠があるわけではないため、脱毛方法としては不安要素が多いのです。

「脱毛効果に不安が残る上、価格は他のレーザー脱毛器と変わらないのであればわざわざ使う意味はない」というのが結論です。

また、メディオスターなどの蓄熱式脱毛器は「痛みが少ない」という理由で選ぶ方も多いですよね。

蓄熱式脱毛器でも痛い

「メディオスターNEXTプロ」は痛みが少ないわれていますが実際のところは「痛い」です。

どの脱毛器を選んでも結局痛いのであれば、脱毛効果が医学的にも保証されている脱毛器を選ぶ方が安心です。

そもそも、医療脱毛はどの脱毛器を選んでも「麻酔」が使えます。脱毛時の痛みに関しては気にしすぎる必要はないので安心してくださいね。

脱毛器もチェック済み!おすすめの医療脱毛クリニックはココ

実際に脱毛することに決めた時、医療脱毛クリニックの数が多くて一体どこを選べばいいの…?と悩んでしまいますよね。

脱毛は最後まで通い切ることで満足の行く効果を得ることが出来ます。そのため通いやすい距離にクリニックがあることも選ぶ上でのポイントのひとつです。

そこで、使用している脱毛器もチェックした上で地域別のおすすめの医療脱毛クリニックをご紹介します

レジーナクリニック 日本初の薬事承認済の脱毛器を全店導入

レジーナクリニックは全身脱毛が安い

東京(池袋・渋谷・銀座・表参道)、大阪、北海道札幌、福岡博多に住んでいる方におすすめの医療脱毛は「レジーナクリニック」です

2017年に大阪に誕生したレジーナクリニックは安く早く全身脱毛が行えることで人気を集めています。

レジーナクリニックの特徴

  • 全身脱毛が最短8ヶ月で完了する
  • 年中無休で平日は夜9時まで営業している
  • キャンセル料・治療薬など脱毛料金以外の追加料金がかからない
  • 完全予約・完全個室でストレスなく施術が受けられる
  • 日本ではじめて薬事承認を取得した脱毛器を使用している

レジーナクリニックの脱毛器

レジーナクリニックで使われているジェントルレーズプロ

レジーナクリニックでは日本ではじめて「薬事承認」を取得した脱毛器「ジェントルレーズプロ」を全店舗に導入していまます。

  • 【薬事承認とは】
    安全性と効果を確認し、医療機器として販売することを国が認めること
脱毛器「ジェントルレーズプロ」とは

「ジェントルレーズ」は、日本で1番導入実績があり、効果も安全性も高い評価を受けている脱毛器です。「ジェントルレーズ」シリーズの最新機器がレジーナクリニックで使用している「ジェントルレーズプロ」になっています。

東京、大阪、札幌、名古屋、福岡博多は「レジーナクリニック」がおすすめ

東京(池袋・渋谷・銀座・表参道)、大阪、名古屋、北海道札幌、福岡博多に住んでいる方は、脱毛完了までの期間も早く脱毛器の効果も認められているレジーナクリニックがおすすめです。

レジーナクリニック公式

トイトイトイクリニック 100円お試しプランあり

トイトイトイクリニックの野田院長

トイトイトイクリニックは現在「原宿」に1店舗のみ開院している医療脱毛クリニックです。ドイツ語で「幸運のおまじない」の意味をもつ「トイトイトイ」。

低価格で医療脱毛が受けられるだけでなく、100円で医療脱毛体験が受けられることでも評判です

トイトイトイクリニックの特徴

  • 100円で受けられる医療脱毛体験コースがある
  • 完全予約・完全個室で居心地の良い空間で術が受けられる
  • 表示価格以外の追加料金がかからない「0円保証」がある
  • VIO脱毛が7,980円で体験できる「初回限定トライアルコース」がある
  • アメリカのFDAに承認された脱毛器「ライトシェアデュエット」を使用している

トイトイトイクリニックの脱毛器

トイトイトイクリニックではライトシェアデュエットを利用

トイトイトイクリニックが使用している脱毛器はアメリカのFDAに認められている「ライトシェアデュエット」です。

  • 【FDAとは】
    アメリカの医薬品の認可などを行う政府機関である保健福祉省のひとつで「食品医薬局(FoodandDragodministration)」の略になります。
脱毛器「ライトシェア・デュエット」とは

「ライトシェア・デュエット」は、毛根の深部まで届く波長の長さの「ダイオード」を光源にした脱毛器で日本人の肌に合っていると言われています。深部まで光がを届かせ毛根を破壊するため、濃い毛だけでなくうぶ毛や細い毛にも効果を発揮します。

原宿に通える方は「トイトイトイクリニック」がおすすめ

原宿が通える距離にある方は、トイトイトイクリニックがおすすめです。脱毛がはじめての方も脱毛サロンで経験がある方もまずは「100円医療脱毛体験」を受けてから検討してみてくださいね。

トイトイトイクリニック公式

全国対応の湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

「レジーナクリニック」「トイトイトイクリニック」は地域が限定されているため、遠くて通えないという方におすすめは全国にクリニックを構える「湘南美容クリニック」です。

業界最大手でもある湘南美容クリニックは北海道から沖縄まで、どこのクリニックでも施術を受けられます。引っ越しや転勤が多い方にもおすすめです

湘南美容クリニックの特徴

  • 症例数が200万件を超え、肌トラブルに対する知識や経験技術が豊富
  • 回数の有効期限がない
  • どこのクリニックでも施術を受けることができる
  • 医療脱毛には珍しい「キャンペーンコース」が充実している
  • 2台の脱毛器を使い分けている

湘南美容クリニックの脱毛器

湘南美容クリニックの脱毛機器

湘南美容クリニックで、女性の脱毛に使用される脱毛器は「ジェントルレーズ」と「ウルトラ美肌脱毛」の2台です。

蓄熱式の脱毛器「メディオスターNEXTプロ」も扱っていますが、男性限定になり女性に使用されることはないので脱毛効果も安心です。

脱毛器「ジェントルレーズ」とは

アレキサンドライトという宝石を使用した「ジェントルレーズ」は、毛根のメラニン色素にのみ反応するため太くて濃い毛に強い脱毛器です。日本人の肌に適している言われ、冷却ガスで肌を守りながらレーザー照射していきます。

脱毛器「ウルトラ美肌脱毛」とは

湘南美容外科オリジナルの脱毛器です。照射と冷却を同時に行うことで毛穴を引き締め、美肌効果の期待できる脱毛器です。

全国的には「湘南美容クリニック」がおすすめ

通える距離に「レジーナクリニック」「トイトイトイクリニック』がない方や引っ越しや転勤が多い方は湘南美容クリニックがおすすめです。湘南美容クリニックはどこのクリニックでも施術が受けられるので、出張先などでも脱毛することが可能です。

「レジーナクリニック」や「トイトイトイクリニック」に通っている方の中には、高い効果を求めて遠方から通っている方もいます

どのクリニックも初回無料のカウンセリングを受けることができるので、院内の雰囲気やスタッフの対応など、通いやすいクリニックを探してみてくださいね。

湘南美容クリニック公式サイト

医学的根拠のある脱毛効果を得たいなら医療脱毛です。

昔は高額で手の届かなかった医療脱毛も、今では脱毛サロンと変わらない金額で脱毛を受けることができます。

以前は100万を超えることも多かった医療クリニックの全身脱毛も、20万前後で受けることが可能です。脱毛サロンの価格とほとんど変わらないですよね

「レジーナクリニック(レジーナ)」「トイトイトイクリニック(トイクリ)」「湘南美容クリニック(湘南)」の全身脱毛の価格は次の通りです。

【レジーナ・トイクリ・湘南】全身脱毛料金比較表

全身脱毛料金表比較表
【脱毛部位】全身脱毛で、顔・VIOなし
レジーナクリニック 189,000円
トイトイトイクリニック 198,000円
湘南美容外科クリニック 298,000円
【脱毛部位】全身脱毛で、顔・VIOあり
レジーナクリニック 393,000円
トイトイトイクリニック 328,000円
湘南美容外科クリニック 348,000円

(※全て税抜き価格で表示しています)

3つのクリニックの「全身脱毛5回の料金(湘南は6回)」の料金になります。他にも「VIO脱毛コース」「顔脱毛コース」「部分脱毛」など様々なコースが用意されています。

医療脱毛は価格が安くなっただけでなく

  • 「麻酔」が使えるため施術時の痛みは少ない
  • クーリングオフの適用が可能
  • 施術スタッフは必ず医師や看護師といった医療従事者
  • 通う期間が短い

といった脱毛サロンよりも良い条件のもと施術を受けることができます。

また、医学的な根拠に基づいて「永久脱毛」が行えるのは医療脱毛に限られることからも、脱毛をするのであれば「医療脱毛」がおすすめです。

イチオシの医療脱毛!薬事承認取得の脱毛器全店導入
※東京・大阪・名古屋・札幌・博多のみ

レジーナクリニック公式

 

100円お試し脱毛可能!原宿のみ

トイトイトイクリニック公式

 

全国展開!症例数数百万を超える実績

湘南美容クリニック公式サイト