アンダーヘア 処理

「VIO」や「デリケートゾーン」とも呼ばれるアンダーヘアの処理方法、まわりのみんながどうしているのか気になりますよね

でも、部位が部位だけに身近な人には聞きにくい…とひとりで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

毛が濃い、量が多い、生えている範囲が広い、下着や水着からはみ出る…などアンダーヘアに関して悩みを抱えている女性は意外とたくさんいます。

そこで、アンダーヘアの処理に関して10代~50代の女性100名に調査しました

ここでは調査結果をもとに

  • 【アンダーヘアの長さ】
  • 【アンダーヘアの処理方法】
  • 【アンダーヘアの悩み】

についてまとめてみました。

アンダーヘア処理事情を女性100名に調査しました。

自分以外のアンダーヘアの処理事情を知っている人はほとんどいないですよね。そこで10代~50代までの女性100名を対象にアンダーヘアに関する調査を行いました。

アンケートの年代内訳

年代の内訳は、以下となります。

年代 人数
10代 1
20代 30
30代 46
40代 21
50代 2

調査を行ったアンケート内容

100名には次の3つの内容について回答をお願いしました。

  • 普段のアンダーヘアの長さ
  • 普段のアンダーヘアの処理方法
  • アンダーヘアの悩み

3つともなかなかまわりの人には聞きにくいけれど、みんなどうしているのか気になりますよね。調査結果をもとに詳細をお伝えしていきますね。

アンダーヘア(陰毛)の長さ

アンダーヘアを自分で処理する際にまず悩むのが「長さ」ではないでしょうか。どれくらいの長さが最適なのか知っておきたいですよね。

そこでここではアンダーヘアの【普段の長さ】【理想の長さ】【長さを整えるメリット】について調査結果を参考にご紹介していきます。

普段アンダーヘアの長さはどれくらいですか?

女性100名に「アンダーヘアの長さ」について質問したところ、アンケートの結果は以下となりました。

【質問】普段のアンダーヘアの長さはどれくらいですか?
アンダーヘアの長さ 人数
1センチ未満 10
2センチくらい 34
3センチ以上で長め 49
つるつるに処理する 7

「3センチ以上で長め」と回答した方の49名のうち16名は「特に処理していない」とのことで、残りの処33名は「3~5センチ前後」に処理しているという結果になっています。

※アンダーヘアは何も処理を行わないと「7センチほどの長さまで伸びる」といわれています。

「アンダーヘアの長さ」に関する100名の調査結果は、以下の通りです。

アンダーヘアの長さ:「2~5センチ前後」が一番多い

半数以上の方がアンダーヘアの長さを「2~5センチ前後」に整えているという結果になりました

アンダーヘアは5センチ以上の長さになると毛深い印象になり、また毛が短すぎると下着を突き破ってしまうこともあることから、この長さに揃える人が多いようです。

でも実はこれ、アンダーヘアの中でも「Vライン」の長さです。アンダーヘアは「Vライン」以外に「Iライン」「Oライン」もありますよねね。

正面から見えるアンダーヘアが「Vライン」です。

足の付け根から女性器周辺が「Iライン」です。

肛門周辺が「Oライン」です。

次に「VIOライン」それぞれの理想の長さを説明していきますね。

アンダーヘアの理想の長さ

アンダーヘアの理想の長さは次のようになります。

【アンダーヘアの理想の長さ】

  • Vライン:3センチ前後

3センチ前後が正面から見た時に性器が隠れ、また見た目もスッキリとしているためバランスの良い長さと言われています。

  • Iライン:0~5ミリ前後
  • Oライン:0ミリ

「IOライン」の毛は、生理時の経血や排泄物が付着しやすいため完全になくすかごく短めで処理するのが理想とされています

Vラインは手が届きやすく目でも確認できるため処理している方も多いようですが、IOラインは手が届きにくい部位のため処理を行っていない方も多いようです

「でも、アンダーヘアを処理するとなにかメリットがあるの?」と疑問に思う方もいますよね。

長さを整えるメリット

アンダーヘアの長さを整えるメリットは次の5つです。

メリット1:衛生状態が良くなる

VIOラインの毛の長さを整えることで、排泄物などが毛に付着することがなくなり衛生状態が良くなります。

メリット2:ムレやかぶれがなくなる

毛が密集していると下着の中がムレ、そのムレが原因でかぶれなどの肌トラブルが発生しやすくなります、毛の長さを整えることでムレが改善され肌トラブルも起きにくくなります。

メリット3:臭いが軽減する

VIOラインの「臭い」に悩んでいる方も多いですよね。お手入れを行い衛生状態が良くなりムレも改善されると「臭い」も軽減されます。

メリット4:下着や水着から毛がはみ出なくなる

VIOラインの長さを整えることで下着やみずぎから毛がはみ出ることもなく安心です。

メリット5:見た目が綺麗で清潔感がある

VIOの毛の長さを整えるだけで見た目の印象は大きく変わり、見た目が綺麗で清潔感が出てきます。

また、以前女性のVIOについて男性にアンケートを実施したところ、「清潔感は重要」という方が大多数という結果でした。自分のためにもパートナーのためにも普段からお手入れしておきたい部分です。

アンダーヘアの処理方法

みんながどのようにアンダーヘアを処理しているのか聞いてみたいですよね。

そこで100名の女性にアンケートを実施し、その結果をもとに【普段のアンダーヘアの処理方法】【自己処理の注意点】【アンダーヘアの処理は必要性】についてまとめてみました。

普段アンダーヘアはどうやって処理していますか

アンケートの結果は以下となりました。

【質問】普段アンダーヘアはどうやって処理していますか?※複数回等可
アンダーヘアの処理方法※複数回答可 人数
カミソリで剃る 52 33
ハサミで切る 37 24
何も処理してない 16 10
脱毛サロン・クリニックに通っている 15 10
毛抜きで抜く 15 10
除毛クリーム・脱毛クリームを使う 11 7
その他の方法で処理している 7 4
ヒートカッターを使う 4 4

普段の処理で一番多かったのが「長い毛はハサミでカットし、カミソリで剃って形を整える」という方法でした。

アンケートの結果にうなずいている方もたくさんいますよね。

でも実は、ハサミやカミソリなどを使用した自己処理はには危険がたくさん潜んでいるので注意が必要です

自己処理する時の注意点

デリケートゾーンとも呼ばれるVIOラインのアンダーヘア。

VIOラインは身体の中でも特にデリケートなため、肌トラブルが起きやすい部分です。自己処理で起きやすい肌トラブルは次のようなものが挙げられます。

【自己処理で起こりやすい肌トラブル】

肌の炎症、乾燥やかゆみ、黒や赤のブツブツ、黒ずみ(色素沈着)、埋没毛、毛のう炎…など

特にカミソリや毛抜きは肌に与えるダメージが大きいため、なるべく使用を控えことをおすめします。

また、自宅でアンダーヘアを処理する際は以下の点に十分注意して行うようにして下さい。

使用する器具を考える

なるべく肌に負担の少ない器具を使用して自己処理を行うことで肌トラブルを防ぐことが出来ます。

【自己処理におすすめの器具】

  • 毛をカットする時「ヒートカッター」

→ハサミに比べ切り口の断面が丸く、下着を突き抜けたりチクチクを予防する事ができる

  • 毛を剃る時「電気シェーバー」

→肌に負担の少ない作りのため肌トラブルがカミソリに比べて少ない

デリケートゾーンを清潔にする

雑菌が入らないように処理する部分は清潔にしておくことが大切です。また、使用する器具も雑菌が繁殖しやすいため清潔なものを使用することが大切です。

保湿をしっかりする

自己処理をした後の肌はダメージを受けやすく乾燥しやすい状態のためしっかりと保湿を行う肌を守ることがたいせつです。特に、カミソリや電気シェーバーなど「毛を剃る」タイプの自己処理後は念入りに保湿を行うようにしましょう。

体調が悪い時は控える

寝不足や風邪気味など体調が悪いと肌が敏感になり肌トラブルが起きやすい状態です。体調がすぐれない時は処理を控えるようにしましょう。

自己処理は自宅で好きな時にいつでも行う事ができ便利ですが、肌トラブルを起こしやすいので気をつけて行うようにしてくださいね。

アンダーヘアは処理するべき?

「そもそもアンダーヘアは処理するべきなの?」と思っている方もなかにはいるのではないでしょうか。

アンダーヘアの処理は身だしなみとしてある程度お手入れすることがおすすめです。
おすすめする理由は次の2つです。

清潔感を保つため

VIOラインが不衛生な状態は、病気を引き起こしたり肌荒れなどのトラブルを引き起こしやすくなります。
自分の身を守るためにもアンダーヘアを適切に処理し常に清潔を保つことはとても大切です。

彼氏やパートナーへの配慮のため

アンダーヘアは男性とお付き合いした時の配慮としてもケアしておきたい部分です。
以前実施した男性アンケートによると「清潔感のないモジャモジャはちょっと…」という意見が大多数でした。

彼氏やパートナーがどう思っているかはなかなか聞きにくい部分であるからこそ、女性の身だしなみのひとつとして普段からお手入れしておくようにしてくださいね

アンダーヘアの悩み

アンダーヘアの悩みは人になかなか相談しにくいですよね。でも、悩んでいるのは自分だけではありません。

ここでは、女性100名に【アンダーヘアに関しての悩み】についてアンケートを実施し、【アンダーヘアに関する悩みの解決策】についてまとめてみました

アンダーヘアに関しての悩みはなんですか?

アンケート結果は次のようになります。

【質問】アンダーヘアに関しての悩みを選択してください。※複数回答可

「毛が薄くて悩んでいる」「毛が濃くて悩んでいる」「毛を処理するとチクチクして悩んでいる」「毛を処理すると痒くなるので悩んでいる」「生理の時に蒸れやすくて悩んでいる」「その他」「特に悩んでいない」
アンダーヘアの悩み※複数回答可 人数
毛を処理するとチクチクする 55 25
毛が濃い 48 22
生理の時、蒸れやすい 43 20
毛を処理すると痒くなる 33 15
水着を着ると毛がはみ出す 22 10
その他 9 4
悩みなし 5 2
毛が薄い 3 2

一番多い悩みが「毛を処理した後のチクチク」という結果でした

でも、なぜ毛を処理するとチクチクするのか疑問に感じている方も多いですよね。処理後のチクチクの原因は次の3つが考えられます。

【「チクチク」の3つの原因】

原因1:生え始めは毛の先端と肌がぶつかるため

カミソリなどで毛を剃ってしばらくすると、伸びてきた毛が皮膚の表面に出ようとして肌を押し上げます。毛の生え始めは毛の先端部分と肌がぶつかることがチクチクの原因のひとつです。

原因2:毛先が尖り肌に刺さるため

ハサミやカミソリなどで処理した後の毛の先端は、鋭く尖ります。尖った先端が下着などで押され肌に突き刺さる事も「チクチク」の原因です。

原因3:肌が傷ついているため

カミソリなどを使用した自己処理は、毛と一緒に肌も削ってしまうため表面に傷がつき乾燥していきます。傷ついた肌はチクチク痛み、また乾燥した肌は痒くなり「チクチク痒い」という症状が現れることがあります。

チクチク感は、部位的に掻くのも恥ずかしく症状が治まるまで辛いですよね。つらい「チクチク」を予防する方法をご紹介していきますね。

「チクチク」を予防する方法

アンダーヘアの「チクチク」の予防方法は次の5つです。

予防方法1:処理する部分を温める

肌や毛は温めると柔らかくなる性質を持っています。処理する部分を事前に入浴や蒸しタオルなどで温め柔らかくすることで処理がしやすく「チクチク」の予防にも繋がります。

予防方法2:ヒートカッターを使用する

アンダーヘアの長さを整える時は、切り口が鋭いハサミの変わりに、「ヒートカッター」を使用することでチクチクを予防することが出来ます。ヒートカッタは-熱で毛を焼き切る処理方法で、切り口は丸くなるため処理後の「チクチク」を抑えられます。

予防方法3:電気シェーバーを使用する

電気シェーバーは刃の周りが保護されているため、カミソリに比べ肌が傷つきにくく処理後の「チクチクしたかゆみ」を予防することが出来ます。

予防方法4:保湿する

処理した後にしっかりと保湿を行い乾燥を防ぐことでチクチクやかゆみを抑えることができます。

予防方法5:脱毛する

プロの手に任せて脱毛するのもチクチクを予防する方法のひとつです。脱毛が完了すればチクチクに悩まされることがなくなります。

アンダーヘアは自己処理してもすぐに毛が生えてきてしまうので、「常にチクチクと戦っている」という方も多いですよね。予防方法を試してみて改善されないようであれば、脱毛を検討してみることをおすすめします。

アンダーヘアの悩みは脱毛で解決できる

アンダーヘアに関する悩みを解決するには、プロの手で「脱毛」することが一番確実で効果的です

脱毛するメリットを挙げてみると…

  • 【毛量が減る】アンダーヘアが薄くなる、ムレや臭いが改善される
  • 【形を整える事ができる】下着や水着から毛がはみ出なくなる
  • 【自己処理が必要なくなる】自己処理によるチクチク、乾燥やかゆみ、炎症などの肌トラブルが解消される

などがあり、アンケートにもあった「アンダーヘアの悩み」のほとんどが解消できることがわかりますよね。

以前は「脱毛は高い」とされていた脱毛も最近は、低コストで脱毛できるところも増えてきています。

VIO脱毛でおすすめなのは医師や看護師が常駐し、「永久脱毛」が可能な医療クリニックで行う「医療脱毛」です。医療クリニックの中にはVIO 脱毛を体験できるところもあるので気になる方は一度体験してみるのも良いかもしれません。

まとめ

アンダーヘアの処理事情を100名の女性に調査した結果をまとめると以下のようになりました。

【アンダーヘアの処理事情の結果】

  • 普段のアンダーヘアーの長さは、「2~3センチ」に整えている人が多い
  • 普段のアンダーヘアの処理方法は、カミソリやハサミを使用して処理している人が多い
  • アンダーヘアの悩みで一番多いのは、処理後のチクチク感

普段あまり相談することが出来ないけれど、みんな同じような方法で処理し、同じようなことで頭を悩まさていると思うと少しだけホッとしますよね。

アンダーヘアは、女性の身だしなみのひとつとして普段から整えておくことをおすすめします。